プログラミングの様子

[独学してる人は見て!]web制作で挫折率が高い理由とその対策

2020年から巣ごもり状態となり、家でもできる副業がブームに乗っかって広まったプログラミングブーム。
皆さんの周りでもプログラミングを始めた人もいたのではないでしょうか。

 

「俺は今からプログラミングで楽に簡単に稼ぐんだ!!」

 

このように豪語した彼はプログラミングで楽に簡単に稼いでいますか?


結論として答えはnoだと思います。

 

この記事ではなぜ多くの人が独学で挫折しているのかについて、
web制作歴1年の僕が体験談をもとに考察していきたいと思います。

 

独学の挫折率○○%!?

挫折

結論から言うとプログラミングを独学で学んだ場合の挫折率は90%といわれています。

この数字を聞いて皆さんはどのように思うでしょうか。

 

これからプログラミングを学ぼうと志している人や最近学び始めた方は

多くね?

と思われるのではないでしょうか。(僕も最初は誇張だと思いました(笑))

 

しかし、プログラミングを1年近く学び始めてこの数字は信ぴょう性があるな…と思ったのも事実です。

では、なぜこれほどまでに独学は挫折してしまうのでしょう?

 

 

挫折率が高い原因[1]

問題点

挫折率が高い原因の1つ目は「プログラミングは簡単に稼げる」と謳い情報発信をするメディアが多かったというのが原因だと考えられています。

 

事実として、このような情報を発信する人の多くは教科書や映像授業などの情報教材の購入を促し、そのことによって利益を上げていました(コンピューター関連の書籍も3年連続で増加)。

 

しかし、現実として「稼げるけど簡単ではない」というギャップに苦労する人がたくさん出ました。

 

特に誇張だな、と感じたのは

「HTML,CSS,JQueryは1か月でマスターできるし、これができれば10万円の案件もとれるよ!!」といった言葉でした。(このようなメディアが多かった)

 

しかし、実際に必要に感じたのはHTML,CSS,JQuery,PHPの4つの言語+CSS設計、AdobeXDでした(これでスタートライン)

 

また、よく紹介されていたクラウドソーシングでの競争など(1つの案件に30人が集まる)も伏せていた情報が多かったことも挫折を助長したのではないかと考えられます。

 

挫折率が高い原因[2]

挫折

二つ目はweb制作を進めるうえで情報が不足していることが挙げられます。実際にウェブサイトを構築する際には、わからないところが出てきます。

 

分からないことが出てきたときに、独学者は検索力が低く、やる気をなくすことが多いように感じました。web制作に精通している人であればできる「ググる力」がなかったり、質問サイトが存在することを知らずに諦めてしまうことも多いと感じました。

 

これは初心者のほとんどが通る道です!!

 

でも、プログラミングスクールに通っている方が現役のプログラマーに質問し放題であること、独学者の金銭面での負荷が小さいこと、強制力が弱いこと(本当は趣味でやるくらい好きなほうがいいが)などの点で挫折率が高くなることも考えられます。

 

プログラミングスクールに通うべきか

比較する様子

では、挫折せずにプログラミングで稼ぐためにはプログラミングスクールにすぐに入塾するべきか?

 

ぼく個人の意見では、これはnoであると思います。

 

その理由の1つ目は料金が高いことにあります。実際にWeb制作をプログラミングスクールで学ぼうと思ったら、少なくとも30万円くらいの金額がかかります。

 

この手のプログラミングスクールは「簡単にペイできる」といって入塾を促しますが、2でいったように現在のWeb制作で必要なのはスキルだけでなく、実績や営業能力であり、決して再現性のあるものでもないので鵜呑みにするのは危険です

 

とはいえ、独学よりもしっかりとしたカリキュラムによって、継続できたり、より早く基礎学習を終えられるといったメリットがあります。

関連記事

Name プログラミングの勉強をしたいけどすぐに案件をとりたい! Name 独学で最短って無理なのかな... この記事ではこのような方々に向けての記事になります。  […]

プログラミングの様子

 

以上の点も踏まえると、まずは1か月間自力でやってから判断することをお勧めします。実際、プログラミングスクールに通わなくても案件をとれる人も多いし、スクール卒業後は自分で勉強しなければいけない点などを考慮すると、独学にもメリットがあるとおもいます。

 

幸い、今日のプログラミングブームのおかげで教材や情報を安価で購入できるので、それからでも遅くないと思います。

 

どうすれば挫折しないか

今後の展望

最後にどうすれば挫折しないか、についてまとめます。

結論からすると、SNSなどを通して勉強仲間をつくること、そしてyoutubeなどのインフルエンサーの動画をみることをお勧めします。

 

前者は、#プログラミング初心者とつながりたい、と検索すれば同じ志をもった人たちがいるので互いに情報交換をすることでモチベーションを保つことができます(初心者を狙った悪質な勧誘も多いので注意!)。

また、SNSを通じて有益な情報を発信している方や、案件を振ってくれる方もいるのでお勧めです。

 

 

後者は、プログラミングを学ぶメリットや有益な情報を発信している方が多く、独学では知りえない情報を提供しているので息抜き程度にみるといいかもです(笑)。

 

まとめ

終わりの合図

以上が今回の記事になります。

散々いろんなことを書きましたが、最後は自分で決めてください(笑)。

 

時間に重きを置くのであれば速攻でプログラミングスクールに通うのもありだと思うし、大学生であればかじるところから始めてみてもいいかもしれませんね!!

 

ただ、周りに言われたことを鵜呑みにするのではなく、自分の頭で考えたうえで情報選択をすることは忘れないでください(笑)。

 

では、よいプログラミングを!!