プログラミングの様子

PHPかRubyどっちがおすすめ?~web制作編~

質問者
PHPとrubyどっちがいいんだろう?
プログラミングを学び始めて数か月____。
HTML, CSS, JSをある程度学び終えて次の学習に進むときにこういった疑問を抱いたことは無いでしょうか。
このことに対して疑問を持って調べるとどっちでもいい、と書かれている記事が多く悩まれている方が多いのではないでしょうか。

本記事ではHTML→CSS→Javascriptと進んできた人たちがたどり着く疑問についてweb制作を1年間やってきた僕の実体験に基づいて解説していきます。


結論:web制作をしている人はPHP一択

これがすべてです。

質問者
なんでRubyをお勧めしないの?
このような反論が考えれますので順序を追って解説します。
  1. PHPとRubyのできることの違い
  2. なぜPHPをお勧めするのか
  3. rubyを使うべき人
  4. まとめ

この4つについて解説していきます。

 

PHPとRubyのできることの違い

比較する様子

 

結論から言うと本当に違いはごくわずかです(笑)。

言語の違いは「記述方法」の違いによって区別されることが基本ですが、各言語には特異なジャンルがあります。

例えば今話題のPythonはデータ解析が得意なのでそれを利用した「AI」の開発に利用されているし、Unityは「ゲーム」の作成を得意としています。

このように各言語にはそれぞれが得意とするジャンルによるアイデンティティが存在しますが、できることがかなり似ているのがPHPとrubyになります。

それぞれがどの開発に向いているかは以下のサイトが詳しく解説しているのでURLを載せておきます。

PHPでできること→https://goworkship.com/magazine/what-can-do-php/

Rubyでできること→https://www.sejuku.net/blog/14075

 

なぜPHPをお勧めするのか

なぜ?

 

結論から言うとWordPressがPHPメインで書かれているからです。

WordPressとはブログやホームページを作成するときに使われる世界最大のCMSです。(詳しくはWordPressの公式ページを見てください)

なぜWordPressがPHPで書かれていることがPHPを学ぶべき理由になるかというと

Web制作案件のメインであるからです。

 

この記事を読んでいる方の多くは「Web制作で案件をとりたい!!」と思っていると思いますが、WordPressの案件はクラウドソーシングでは高単価で案件数が多いです。

Web制作の案件はおもに、LP案件やサイト構築が主な業務ですがWordPressの案件が取れれば一気に仕事の幅が広がります。

なのでPHPかRubyかといわれれば僕は間違いなくPHPをお勧めします。

ただこのような書き方をすると

質問者
Rubyでweb制作の案件はないの?

という疑問が出てきますが、ずばりrubyでのweb制作案件はほぼないです。そのため、web制作を考えている人はPHPを学ぶことをお勧めしています。

 

rubyを使うべき人

ruby

 

rubyを使うのは主にweb開発をする場合になります。

web制作において行う業務はプログラミングをwebページ上に表示させることであるのに対して、web開発では目に見えないサーバーのやり取りをプログラムするのが主な業務になります。

そのため、web開発をしたい人はrubyを勉強してみてはいかがでしょうか?


しかし実際にはrubyの役割をPHPも果たすことが可能なので、rubyをやらなくてもいいのでは?という意見があります。

これに関しては、会社や取引先、案件などの使用言語を見て判断すればいいともいます。rubyを中心に開発をしている会社に入りたければrubyを勉強すればいいし、PHPを扱っている会社ではPHPを勉強すればいいということですね。

朗報としては、この2つの言語は書き方のルールが異なっているだけで機会に出す命令自体が似通っているので一方を学習することでもう一方の学習もスムーズになります。

こういうところからも「PHPかrubyか」という論争が起きるのかもしれませんね。

 

まとめ

以上のことから、web制作をメインに活動したい方にはPHPをお勧めします。

ただ先ほども述べた通り、この2言語は似ているので、すでにrubyを学んでしまったという方でweb制作をしたいと思っている人は学習コストがあまりかからずにPHPを学ぶことができます。

皆さんの受けるであろうWordPress案件に出てくるPHPは基本の文構造がメインなので、PHPをある程度勉強してからWordPressに移るのではなく、WordPressを学びながらわからないPHPの記述を覚えていくほうが効率的だと思います。

※参考書にかじりついて手を動かさないといつまでたっても上達しないのでお勧めしません。

これを機にweb制作を学ばれている方はPHPやrubyについて調べてみても面白いかもしれませんね。

それではまたお会いしましょう!!